太りたいのに太れない方にお伝えします

ダイエットについての情報は氾濫しています。でも、太るための正しい情報は不足しています。太るための正しい情報を発信します。

基礎体温の低い方は太りづらいのかもしれません

痩せている方には、体温が低い人が多いようです。
体温が1度下がると、酵素の働きは半分以下になります。
これでは、いくらしっかり食べても、消化酵素が充分働かずなかなか太れないわけです。

 

f:id:hiroshi999999999:20170703123617p:plain

生の生姜には、「ジンゲロール」という成分が含まれています。
このジンゲロールには、血流をよくして身体の深部の熱を手先・足先に運び、身体末端部分を温める効能があります。
しかし、これでは身体の深部の熱が奪われるわけですから、かえって身体自体を冷やすことにもなります。

 

ところが、乾燥生姜においては、生の生姜に含まれている「ジンゲロール」が乾燥時に「ショウガオール」に変化しております。
「ショウガオール」は、身体の深部において熱を発生させる作用があり、結果として身体を温める効能があります。

 

化学的に考えることが好きな方は、乾燥の際の吸熱反応により水分を失って生成した「ショウガオール」が、身体内で水分を得て「ジンゲロール」に戻り、その際の発熱反応により熱を発生させたとご理解ください。

 

特性として、ジンゲロールは身体を温める効果よりはその殺菌効果が期待されており、ショウガオールは冷え性改善などの効果が期待されております。
さらに、「ショウガオール」の発熱作用が身体を温めると、血流が改善され栄養素や酸素が体中に行渡りやすくなり、免疫力もアップします。
この免疫力のアップは、主に発熱反応による酵素活性の上昇による効果です。
体温が1度上昇すれば酵素の働きは倍になるといわれておりますから、乾燥生姜が酵素の活動を活性化し免疫力を向上させることは間違いありません。

 

f:id:hiroshi999999999:20170703123349p:plain

痩せている方は、脂肪や筋肉が少なめで体温が低下しがちです。
体温が1度下がると、酵素の働きは半分以下にまで落ちます。
そこで「ファティーボ」は、「乾燥生姜」の成分を配合しました。
生(ナマ)の生姜の成分は体を冷やしてしまいます。
酵素の働きを高めるには「乾燥生姜」がよいのです。

公式ページにて、詳細をご確認ください↓↓↓
乾燥生姜を配合した太るための【ファティーボ】

 

@hiroの健康ブログ  by サプリメントアドバイザー@hiro